お尻ニキビが出来やすい人は?妻のケース

私の妻はお尻ニキビに悩んでいます。若いころに比べるとかなり良くなってきたらしいですが
それでも40代になった今でもお尻ニキビを繰り返しています。
お尻ニキビは原因は主に3つあります。

◆おしりの蒸れが原因
お尻は常に下着やパンツ、スカートなどに覆われているので蒸れやすい状態です。
事務仕事をしている人は椅子に長時間座っていると思いますが意外と汗をかいていることも多いんです。
あと、女性の場合生理中のナプキンの使用も蒸れの原因になります。
お尻を蒸れから守るのは意外と難しいようです。

◆おしりの摩擦が原因
お尻の蒸れに続き、おしりの摩擦もさけて通れませんね。
下着以外にもお風呂で体を洗う時にもお尻をゴシゴシ洗っていませんか?この行為がかなりお尻に刺激を与えています。
お尻の摩擦が大きいほど、お尻の皮膚も厚く固くなっていきます。これにより毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなりニキビの原因となります。

◆おしりの負荷が原因
椅子や床に座った状態はおしりにかなりの負荷がかかっています。
当然体重が重たい人ほどその負荷は大きくなります。
負荷がかかるとお尻の皮膚は厚く堅くなりますね。毛穴の詰まりがニキビの原因となります。

この3つはおしりニキビの原因になる主なものですが、妻の場合もこの3つが原因です。
ニキビをケアするためには、おしりの保湿とピーリングがオススメです。
お尻を保湿する事で肌のもつ力が向上します。保湿効果の高いクリームを使ってみてはいかがでしょうか。
あとピーリングは古い角質を取り除いてくれるので皮脂の詰まりをケアしてくれます。

クリーニング屋さんで食べこぼしのシミが取れない理由とは?

先日クリーニング屋さんから戻ってきたスーツを着ようとしてシミを発見しました。たぶん食べこぼしのシミですがなぜ落ちていないのでしょうか?
気になったので調べてみたのでご紹介します。

クリーニング屋さんの多くが石油系の溶剤を使って洗うドライクリーニングを行っています。このドライクリーニングは油汚れはよく落ちますが水溶性の汚れは落ちにくい特徴があります。私がスーツに付けてシミになった食べこぼしは水溶性の汚れだったのでドライクリーニングで洗うだけでは取れなかったのでしょう。

試しに自宅で実験する事にしました。
実験と言ってもハンカチを水で濡らしてシミを拭き取っただけです。
結果は簡単に取れてしまいました。

それから私はクリーニングに出す前には食べこぼしのシミを付けてしまった時には事前に受付で伝えるようにしています。そうすればしみ抜きしてくれるのでキレイに取れて仕上がってきます。もちろん言わなくてもしみ抜きはしてくれますが見落としがあるので念の為に口頭でも伝えた方が確実です。

食べこぼしのシミが水溶性のものではなく油性のものならドライクリーニングで取れてしまう事も多いようですね。
あと、黄色く変色してしまったシミは取れにくいようなので変色する前にクリーニングに出すようにしています。

小学生の視力回復のコツ

学校の視力検査で始めて目が悪くなっていることが発覚した。
そんな方も多いと思います。そんな視力を回復させるコツをお伝えします。

子供の視力が低下すると眼科に連れて行ってみてもらうことが普通ですね。その時、医師からミドリンMを処方され様子を見るように言われませんでしたか?しばらくして眼科を訪れると視力の回復が見られなかった場合、多くの医師はメガネを勧めます。

でも少し待って下さい。子供の視力は本当に元に戻らないのでしょうか?
実は、このとき多くの場合、子供の視力の状態は仮性近視と言って視力回復の可能性が十分にある状態です。

仮性近視の状態であれば、眼球ストレッチや遠近トレーニングを行う事で視力を回復させることができます。
仮性近視の状態から時間が経つと真正近視へと変化します。
この真正近視の状態になってしまうと回復させることが難しくなってしまうので早めの対応が望ましいでしょう。

下手にメガネをかけてしまって何もしないとすぐに真正近視になってしまうので注意して下さい。なぜならメガネをかけると目の筋肉がどんどん衰えてしまいます。使わなくなった筋肉が衰えるのと同じです。

したがって、安易にメガネをかける前に、眼球トレーニングや遠近トレーニングを実践して視力の回復を図ることをオススメします。